投資マンションで賢く稼ごう〜moneyをゲットだぜ〜

毎月のこと

住宅街近くの並木道

毎月仕事に対して一定の報酬を得るサラリーマンは、その雇用が保障されている限りにおいては、定年まで仕事があるわけですし、それに伴い収入も約束されています。 また国民年金だけでなく企業年金目わかるのである程度安定した老後の生活が見込まれることでしょう。 しかし今日の社会情勢のように少子高齢化の時代では、公的社会保障もしだいにあてにならなくなってきています。 将来医療や介護の必要性が出てきてしまうと、かなりの出費が伴う可能性もあります。 より安心できるくらしのためには、サラリーマンとして報酬がある時期にさらに積極的に投資をすることが望まれます。 不動産投資をすれば、サラリーマンであっても大家になることができるわけで、働きながらでも副収入を得る手立てを得ることができるようになります。

様々な投資手法がありますが、サラリーマンとして仕事をしている時期においては会社の勤務が優先されるわけで、投資に時間を費やすわけにはいきません。 しかし不動産投資をすることで、大家となることができれば、入居者から毎月家賃収入を得ることができます。 不動産投資は、その契約によっては入居者の補償や建物の維持管理もしてくれることも多いので、大家としてすることはほとんどありません。 初期投資は大家となる以上かなりの金額の融資を金融機関から受けることになりますが、家賃収入から少しづつ返済を続けることになるので、直接負担を感じる場面もありません。 大家となることは、ほかの投資手法にあるように短期間に多額の収益を獲得することはできませんが、物件があるからには大家としての安定的な収入を得ることができます。